着物の威力

皆さま、こんにちは。

前回のブログの続きを楽しみにしてくださっていた方、本当にごめんなさい。

あの次の日か、発熱に3日間床に伏せっておりまして、

その後は、床に伏せっていたせいで溜まってしまった仕事やら、約束やらで、てんやわんやで

全然ブログの続きを書けずにいます。

(完全に言い訳です( ̄▽ ̄;))

ごめんなさい。

そんな中、昨日は楽しみにしていた

真弓定夫先生のドキュメンタリー映画 を観に行く予定を、していたので、

出かけたのですが、

病み上がりで、年の瀬で賑わっている街に出たら、普段でも、人混みは苦手なのですが、いつも以上に喧騒が身に応えて、

映画は、涙、涙で、感動したのですが、

寒さもいつも以上に身に染みるし、

帰宅したら、どっと疲れが出てしまいました。

なのですが、今日も、大切な仲間との会合があり、どうしてもまた街に出たいので、

どうしたものかと考え、

そうだ!と思いつき、

今日は、着物で出かけてみました!

そうしましたら、

やはり、正解!!

着物は、首筋や、袖口などは、風が入りやすく、スースーするのですが、

なんでしょう、

とても安心感があるのです。

お腹周りが、何重にも伊達締めや、帯で守られているせいなのか、背筋がピーンと伸びるからなのか、

それとも、ひと針ひと針、人の手で縫われたものだからなのでしょうか?

昨日も、洋服でも、もちろん厚着して、コートも着て、マフラーぐるぐる巻きにして出かけたので、それなりに守られてたはずなのですが

それとは、全然違う、安定感。

日本人の遺伝子が目覚めるからなのでしょうか?

とても不思議ですが、大正解でした(*^o^*)

というわけで、

今日は、ネパール料理を頂きながら、会合しております

未分類

Posted by midori