朝のお化粧タイムにも、病気の予防はできる!

おはようございます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

昨日は、

『日常の中で病気の予防ができる。』

そして、予防とは、堅苦しいものではなくて、

心地よくて快適で、やりたくなってしまうものだと、お伝えしました。

その日常の中でできること。しかもわずかな時間でできることの1つをご紹介します!

わたしが最近手に入れた、朝のお化粧タイムに使う、チークブラシ

↓↓↓

ナチュラルハーモニー の 銀座店で、

夏に行ったときに見つけて、この肌触りが堪らなく気持ちよくて、

長年、化粧品販売の仕事に携わっていますから、筆もかなり良いものを大切に使っているのですが、

それを上回る、気持ち良さで!

サイズが、大きすぎないところも気に入り、

ぜひ購入したいと思っていたのですが、先日やっと手に入れたのです。

この筆を使って、頰にチークを入れるときの心地良さ。この感覚を味わうこと!

これは、まさに予防です!

なぜなら、

アーユルヴェーダでは、五感への過度な刺激も、過小な刺激も、よくないとされていて、

いつでも、適度で、快適なものを

聞いたり、見たり、触ったり、味わったり、嗅いだり

することが大切だとしています。

チークブラシの肌への刺激は、触覚の刺激。

特に女性にとっては、肌への刺激は敏感で、

柔らかくて、清潔で、温かい、心地よいというのがとても大切なのです。

肌への心地よい刺激は、

アーユルヴェーダではいう 『ヴァータ』を整える働きがあり

考えがまとまりやすくなったり、機敏な行動ができたり、排泄が整ったりという効果が期待できます。

資生堂で長年皮膚生理学を研究していた方の

『皮膚は第3の脳』

というような、本もありますし、

わたしが、鍼灸の施術で特に用いている、『置くだけの鍼』や、『オウフルギョウ』は、

まさに、皮膚表面からの刺激で、身体や脳神経などに働きかけて、治療効果を出してるわけなので、

皮膚への刺激って、とても大切なのですね。

お化粧の前に、顔を洗って、拭くときのタオルの素材なんかも関係してくるし、冷たすぎず熱すぎない水の温度なんかも、ちょっと気をつけてあげるとさらに良いですね!

毎日の事なので、改めて時間をとる必要はないですが、

そこで使うものを、ちょっと気をつけてあげる。自分の肌をいつもよりちょっと丁寧に触ってあげる

そんな事が、予防に繋がるのです。

ほら、とっても、簡単でしょう??

そして、快適なのです!

(このチークブラシ、本当に気持ちよいのです)

高いお金を出して、サプリメントを買わなくても、ジムに通わなくても、

日常生活の中で、予防はできるのです。

というか、日常生活を快適に過ごすことが、予防に繋がるのです。

そういえば、夫が普段使っている髭剃りが壊れてしまい、出張用に使っているものを取り出してきて、昨日使っていたのですが、

その出張用のものは、国内メーカーのもので、とても刃あたりが優しくて、きれいに剃れるそうで。こっちのほうが快適だ!

と言っておりました。

というわけで、今日の提案!

女性なら、お化粧するときのパフや筆。

男性なら、髭剃り

を、

心地よいもの、肌触りの良いものに変えてみる!

みなさま、いかがでしょうか?

未分類

Posted by midori