「我包帯す、神、癒し賜う」

みなさま、こんにちは。

月曜日の日に、やっと病院に行くことができ、整形外科でレントゲンを撮ってもらったら、

骨に異常はなく、捻挫のちょっとひどいものだったようです。

 

 

そして、先生は、「では固定しますから」とおもむろに足に包帯を巻き始めました。

まだ腫れもあるし、内出血もしている状態だったので、

「先生、湿布はしなくてよいのですか?」

と聞いたら、

「飲み薬で、消炎鎮痛剤を出すので、それを内服してもらいます。湿布を貼りかえることで、

せっかく固定してあるのが、緩んでしまうほうが困るので、

腫れとか炎症には、湿布ではなく内服薬で対応します。」

との、ことでした。

 

いまどきは、ケガにも内服薬が処方されるなんて、ちょっとびっくりしました。

 

そして、先生が包帯を丁寧に巻いてくれるのを見ていたら、

学生時代に習った「我包帯す、神、癒し賜う」

という言葉、そのものだなと思いました。

 

この、「我包帯す、神、癒し賜う」という言葉は、

アンブロワーズ・パレ という、1500年代にフランスで活躍した外科医が残したもので、

医者や看護師、治療家や各種施術家など、人を治療したり、癒したり、ケアしたりする立場になる人は、おそらく知らない人はいないのではないかというぐらい、有名な言葉です。

 

私が普段の鍼灸の施術をしているときも、この言葉はいつも頭の片隅にあるのですが、

今回の、私の捻挫に対する先生の処置は、まさにこの言葉通りでした。

 

包帯でしっかり固定してあるので、歩けるようなら歩いてもよいが、転ばないように注意して、

必要以外はとにかく安静にして、足を高くして休むようにと。

 

実際、足をひねってから、しばらくはまったく動かすこともできず、

足をつくこともできず、歩くことができなかったので、

病院に行きたくてもいくことができず、

3日間は自宅にてセルフケアの日々だったので、

足の様子が、日々変化するのを観察していたのですが、

 

足をひねった、次の日が一番、腫れと痛みのピークで、その日はあまりの腫れと痛み、そして内出血の様子に、もしかして折れてるかも!?

と、思ったほど。

 

でも、翌々日は、まだ腫れも内出血もあるものの、痛みが和らいできて、ほんの少しだけ足首を動かせるようになり、あ、これは折れてはいないかも!?

という感じになり、

さらに次の日は、だいぶ腫れも引いて、熱感も治まってきて、急性期は過ぎ去ったな。。という感じがしました。

そのタイミングでの病院での診察となり、しっかり足を固定してもらったら、さらに

安心感も出て、次の日(昨日)から、ゆっくりとなら歩けるようになりました。

 

この治癒に向かうプロセスは、

そのときそのときで、できる限り、家でも冷やすことをし、安静にし(動きたくても動けない)、自分でできる範囲の鍼灸の治療などは

もちろん、やったのですが、

それらは全て、自分の自己治癒力を高めるためのサポートであり、

実際、治しているのは自分に備わっている、免疫力、自己治癒力なわけです。

 

この、もともと自分にちゃんと備わっている、自己治癒力こそ

「神」の力なわけです。

 

私たちの傷を治す生体のプロセスは、それはそれは見事なもので、とても試験管では再現できないそうです。

 

どんなに、医学が進歩しようが、どんな素晴らしいお医者様や治療家の人の手を借りたとしても、

最終的に病やケガが癒えていくのは、

自分の内側に、病やケガを癒すことができる力が、そもそも私たちの中にちゃんとセットされているからなのですね。

 

わたしたちの中に、その力がセットされてるからこそ、医者や治療家もサポートすることができるのです。

 

ちょっと、とりとめもなくなってしまいましたが、

 

突然の病気や、ケガには、誰しも慌ててしまうと思いますが、

でも、自分の中にちゃんとそれらを見事に治すことのできるプロセスが、ちゃんとあるということ。

ぜひ、知っておいてくださいね。

 

そして、適切に必要な処置はしたうえで、

自己治癒力(神の手)に、ゆったりとお任せしてみてくださいね。

 

 

PS. 明日に予定していたお灸カフェですが、今回は中止とさせて頂きます。

ご予約いただいていた方には、すでに個別にご連絡さしあげておりますが、

もしまだ申し込みしていなくて、参加をご検討くださっていた方がいらしたら、申し訳ありません。

体調万全にして、また企画したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未分類

Posted by midori